How-to | テストモードでiPodの健康診断

テストモードの使用は自己責任でお願いします。

iPodが異常な時は、テストモードを起動して、いろいろな診断をしてエラーがないか確認してください。もし、エラーが起こるようであれば、アップルの「修理サービス」へ。

テストモードの起動方法

iPod(5G,4G,U2),iPod nano,iPod mini(1G,2G),iPod photo の場合

テストモードの起動
  1. [MENU]+[決定]を押し続け、リンゴマークを出す。
  2. リンゴマークが出た状態で[決定]を押したまま[巻き戻し]を押し続ける。
  3. リンゴマークが左右逆に表示されれば起動成功です。
テストモードの終了

[MENU]+[決定]を押し続ける。

ディスクモードの起動

テストモードの起動方法の要領で、スリープ状態から[再生]+[決定]の同時押しで起動します。

スキャンディスクをする際には、バッテリーが消費が激しいので充電しながら行ってください。HDDが常に回転しているので、廃熱と振動などの衝撃に注意してください。

操作方法
効果 操作するボタン
に移動 早送り
に移動 巻き戻し
決定 [決定]
戻る [再生一時停止]

iPod(1G,2G,3G) の場合

テストモードの起動
  1. [MENU]+[再生]を押し続け、リンゴマークを出す。
  2. リンゴマークが出た状態で[早送り]+[巻き戻し]+[決定]を押し続ける。
  3. リンゴマークが消えたらボタンから手を離す。
  4. リンゴマークが左右逆に表示されれば起動成功です。
テストモードの終了

G.SLEEP を選択

スキャンディスクの起動

スリープ状態から、[巻き戻し]+[早送り]+[メニュー]+[決定]の同時に押し続ける。

スキャンディスクをする際には、バッテリーが消費が激しいので充電しながら行ってください。HDDが常に回転しているので、廃熱と振動などの衝撃に注意してください。

操作方法
効果 操作するボタン
に移動 早送り
に移動 巻き戻し
決定 [決定]
戻る [再生一時停止]または[HOLD]スイッチOn

メニューについて

iPod(5G,4G,U2),iPod nano,iPod mini,iPod photo の場合

[ 5 IN 1 ]
5つのテストを行い、テスト開始次に決定で次へと進めていきます。
[ RESET ]
設定をリセットする。
[ CHGRCUR ]
[ REMOTE ]
リモコンなどの遠隔操作入力のテスト。
[ HP STAT ]
[ IRAM3 ]
[ BATT A2D ]
[ FIREWIRE ]
[ HDD R/W ]
[ SMRT DAT ]
[ DISK SCAN ]
スキャンディスクをする。
[ CLR BLKS ]
[ DISKMODE ]
[ WHEEL ]
ホイールのテスト。
[ CONTRAST ]
[ AUDIO ]
再生テストで、イヤフォンなどから音をチェックする。
[ STATUS ]
[ DRV TEMP ]
[ ALLSDRAM ]
[ HDD DROP ]

iPod(1G,2G,3G) の場合

[ 5 IN 1 ]
5つのテストを行い、テスト開始次に決定で次へと進めていく。
[ RESET ]
設定をリセットする。
[ KEY ]
各種ボタンとHOLDスイッチのテスト
[ AUDIO ]
再生テストで、イヤフォンなどから音をチェックする。
[ REMOTE ]
リモコンなどの遠隔操作入力のテスト。
[ FW ID ]
Fire WireのIDチェック(決定ボタンで英語表示の Disk Mode に入る)。
[ SLEEP ]
テストモード終了(スリープ状態に戻る)。
[ A2D ]
ADC TEST
[ OTPO CNT ]
ホイールのテスト。
[ LCM ]
液晶のテスト。
[ CHG STUS ]
STATUS TEST
[ USB DISK ]
USB接続のディスクモードに入る。[早送り]を押すとFireWire接続に切り替わる。
[ CHK SUM ]
詳細不明(テスト終了後に一時停止再生ボタンかHOLDスイッチのオンで戻る
[ CONTRAST ]
コンストラストと照明と表示のテスト(薄くすると後々見難くなるので注意)
[ HDD SCAN ]
スキャンディスクを開始します。
[ RUN IN ]
連続的にテストをする。

IPod

Shop