How-to | iTunesをバックアップする

iTunesのバックアップの方法を知っておくと、沢山の音楽を取り込むとHDDの容量が少なくなったり、パソコンのOSの再インストールや、パソコンを買い換える時、iTunesの環境を移動しないといけない時に便利です。また、バックアップをとり忘れていると、事故などでパソコンが壊れてしまった時に泣く思いをするので、必ずバックアップするようにしてください。

iPodにしか音楽データが残っていない場合は、iPodから音楽データをサルベージ(曲を取り出すこと)して、iTunesに再登録すれば大丈夫です。iPodから曲を取り出すサルベージソフトウェアは、Download | iPodソフトウェアiPodのバックアップ用ソフトウェアのページを参考にしてください。

バックアップする期間の目安

バックアップする期間の目安ですが、「iTunesに新しく音楽を取り込んだ時にする」のが一番良いのですが、面倒なので毎度毎度やっていられないのが現状です。ですが、iTunesに追加した曲やビデオがCD-R1枚分(大体600MBぐらい)になったらバックアップする期間の目安だと思ってください。

ただし、iTunes Storeで音楽を購入した場合は、差分でもいいので必ずバックアップをするようにしてください。これを怠ると、パソコンが壊れてデータが復元できなくなってしまった時に、お金を払って再度iTunes Storeで音楽を購入するはめになってしまいます。1曲や2曲程度なら諦めがつきそうですが、アルバムを何枚も買っていたら…。

バックアップするモノ

  • 音楽ファイル
  • iTunesの設定を記録したファイル

この2つがバックアップするモノです。音楽ファイルが1番重要ですが、iTunesの設定を記録したファイルも重要です。この設定を保存しているファイルには、iTunesとiPodで作ったプレイリストやマイレート、再生回数が記録などが記録されています。このファイルが無くなると、プレイリストなどを作り直さないといけないし、今まで記録したマイレートなどを再度登録しないと行けないので大変な作業になります。

iTunes Storeを利用している人の注意事項

iTunes Storeを利用していて、パソコンを買い替えたり、OSを再インストールする場合は、iTunesのメニューの[詳細設定][コンピューターの認証を解除]を必ずして下さい。これを忘れると、コンピュータの認証制限が少なくなってしまうトラブルが起こります。

コンピュータの認証について
http://www.apple.com/jp/support/itunes/store/authorization/
iTunes Storeの認証と認証解除について
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=93014

iTunesでバックアップする方法

iTunesバックアップを起動する

iTunesでバックアップするには、iTunesのメニューから[ファイル][ディスクへバックアップ]を選択してください。

iTunesでバックアップ

iTunesバックアップが起動する

iTunes バックアップへようこそのウインドウが開いたら、バックアップする方法を選択して、バックアップをクリックします。書き込みが出来るCDまたはDVDを光学ドライブにセットするとバックアップが始まります。

1枚のCDやDVDに収まらないほどiTunesのライブラリが大きい場合は、iTunesが自動でバックアップするファイルを分割し、CDやDVDに書き込む時に「空のディスクを挿入してください」というメッセージが出るので、指示に従ってください。

iTunesでバックアップする方法

バックアップをiTunesでリストアする方法

  1. バックアップをリストア(復元)する前にiTunesを起動してください
  2. iTunes バックアップで作成したディスクを光学ドライブにセットしてください
  3. 復元というウインドウが出るので復元をクリックしてリストアをします
  4. リストアが始まります
  5. リストアするディスクが複数枚ある場合は、1枚目のディスクのリストアが終わると次のディスクを要求されるので指示に従ってください。
iTunesでリストアする方法

リストア(復元)中は、パソコンで他の作業をしないで下さい。他の作業をしてしまうと、HDDへの負担が高くなり、HDDの寿命が縮まる恐れがあります。

IPod

Shop