How-to | iTunesに音楽を取り込む

ここでは音楽CDなどからiTunes、というよりパソコンに音楽を取り込む(インポートする)方法を紹介します。

音楽CDをiTunesに取り込もう

音楽CDを取り込む前に、iTunesのアイコンをダブルクリックしてiTunesを起動して下さい。

iTunesを起動する

音楽CDをパソコンのCD/DVDドライブに挿入

iTunesのCDDBへの問い合わせ

音楽CDをパソコンのCD/DVDドライブに挿入すると、iTunesはまずCDDB(CDデータベース)へアクセスし、そこで、CDDBから音楽CDの情報(曲名、アルバム名、アーティスト名、ジャンルなど)を自動で収得します。ただし、CDDBはボランティアで作成されているCDのデータベースなので、一部のCDの情報が収得できなかったり、間違った情報が含まれているものがあります。そういった時は、iTunesで間違っている曲を右クリックをして、「プロパティ」を選択し、「情報」のタブをクリックして間違っている箇所を修正してください。

パソコンの便利技
手動で曲のタイトルを入力するときは、便利技のページで紹介しているキーボードのショートカットを使いこなせば、iTunesでも楽に入力できますよ。

音楽CDをiTunesに取り込む

はじめてiTunesを使う場合は、手持ちのCDをすべてパソコンに取り込む(インポートする)のではなく、CDを2〜3枚程度を取り込んで、iTunesを適当に操作して使い方を少し覚えてから、手持ちのCDをすべて取り込むようにしましょう。iTunesの使い方を覚えていない内に変な操作をしてしまって、せっかく取り込んだ曲が、ダメになってしまうことがあるので…。

音楽CDをiTunesに取り込む
  • パソコンに音楽CDを挿入し、CDDBから曲の情報が自動で入力されます。
  • パソコンに取り込みたくない曲がある場合は「チェックマーク」を外します。
  • iTunesの右下にある「インポート」のボタンをクリックするとインポートが始まります。
音楽を取り込み中のiTunes

iTunesでインポート作業中は、インポートが終わるまでパソコンで他の作業はしないでください。iTunesでインポート中は、パソコンへの負担が非常に高い状態のため他の作業をすると、正常にインポートできないことがあります。

iTunesでインポートが終わったら、CDをパソコンから取り出します。

CCCD(コピーコントロールCD)やレーベルゲートCDについて

CCCDやレーベルゲートCDのラベルなどには「パソコンへの取り込みは出来ない。」とありますが、普通に取り込めます。なぜCCCDやレーベルゲートCDがパソコンへ取り込めないかというと、CCCDやレーベルゲートCDには音楽CDの不正コピーを防止するため、パソコンがCDを読み込む時に意図的にエラーを出して取り込めなくするような仕組みになっています。この意図的に仕組まれたエラーを回避すれば、CCCDやレーベルゲートCDはパソコンに取り込めるようになります。

パソコンにCCCDやレーベルゲートCDを取り込む条件は、使用している光学ドライブ(CDやDVDドライブのこと)が DVD-R/RWやDVD-RAMなどを読み書きできる光学ドライブの場合に読み込むことが出来ます。 理由は、DVDの書き込めるドライブは内蔵する機器が高精度なため、CCCDやレーベルゲートCDの意図的なエラーを無視して読み込むことが出来ます。 ただし、古いDVDが書き込めるドライブは精度が低いため読み込めないものがあります。最近のDVDが書き込めるDVDドライブは、殆ど取り込めます。

その他のメディアからコンテンツを取り込む方法はこちら

アナログ音源を録音
レコードやカセット、MD、ラジオ、テレビなどのデジタルコピーできないアナログ音源の取り込みはこちらのページで紹介しています。
iTunes Storeで音楽を買う
iTunes Music Storeから音楽を購入する方法はこちらで紹介しています。

iTunesの便利な使い方

曲をiTunesに光速登録

iTunesでファイルから登録する際に、メニューにある「フォルダをライブラリに追加」である程度簡単に登録できますが、手順が多いので面倒です。そこで便利なのがD&D(ドラッグ アンド ドロップ)で、音楽ファイルが入ったフォルダをiTunesにD&Dするだけでライブラリに一発で登録できます。

曲のファイルをiTunesから光速コピー

iTunesのライブラリやプレイリストを選ぶと、沢山の曲が表示されます。普段、iTunesのライブラリやプレイリストにある曲を、デスクトップなどにコピーしようとすると、曲があるフォルダまで移動しなければいけませんが、この方法を使えば一瞬でコピーできてしまいます。やり方は簡単。コピーしたい曲をドラッグ&ドロップをする時と同じように、iTunesのライブラリやプレイリストから曲を選び、デスクトップにドロップすると一瞬でコピーできます。

iTunesに登録してある曲の情報を光速に変換

iTunesで曲のタイトルやアルバム、アーティストの情報(タグ)が、入ってない曲を1から登録するのは非常に面倒です。1曲1曲すべての項目を登録しようとすると、大変な労力と時間が掛かります。そこで一度に複数の曲の情報を変更する方法を紹介します。まず、変更したい曲をすべて選択し、曲の情報(タグ)を変更する時と同じように、右クリックをして「プロパティ(曲の情報を見る)」を開けると、複数の曲の情報が開くので必要な項目を入力して、曲の情報を変更してください。その後、曲名を変更すると一番手軽に変更できます。

IPod

Shop