アップル社員にインタビューまとめ

新しいiPodが発表で、米アップルのiPodプロダクトマーケティング担当シニアディレクターのStan Ng(スタン・イング)氏のインタビュー記事が出ています。アップル社員はまだ見ぬ新製品の情報を口に出さないよう訓練されているので、インタビューの返答には苦しいところが多いです。気になるのがiPod touchにはMac OS Xの縮小版がインストールされていること。将来、Jobsが自慢げに「Mac OSのシェアは○○%」なんて発表しそう。さらにiPod touch向けのゲームがまだ発表されていないことが話題になっていますが、タッチスクリーンを搭載したiPodなのでニンテンドーDSのようなゲームが登場してほしいところです。今回のインタビューで、iPodの最大の弱点はフラッシュメモリーの容量というのがよくわかります。フラッシュメモリーの容量が32・64・128GBと大容量になれば、iPod classicはラインアップから消えて、iPod nanoがクリックホイールを搭載したメインのiPodになっていくでしょう。また、次のiPodのマイナーアップデートでは、主にフラッシュメモリーの容量アップが期待できそうです。

関連記事